super'70s

masaki2205.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 09日

ホタル撮影@長崎県諫早市高来町

以前にアップしたホタルよりもグレードの高い写真を撮るために数回チャレンジしておりますた。。

本日も知人のBONZOサンと一緒に張り切ってホタル撮影に行く予定でした。
・・・が
あらかじめ予定していた場所に向かってみても一匹もホタルの姿が見あたりませぬ??

まぁたまたま今日、この場所は飛んでいないだけだろう。
と思い別の場所に移動することにしました。

目的地までの移動中、前回ホタルの写真をアップした場所も念のためチェックしておこうと思い近づいてみると

およよ??

ココにも一匹もホタルの姿は見つかりませぬ・・・(汗)


まさかもうホタルのシーズンは終わってしまったか???
と不安を抱きながら目的地の轟の滝上り口に到着すると、ホタルは飛んでいますが数が少なく写真に収めるのはちと厳しい・・・

最後の望みを賭けBONZO氏が以前大量のホタルを撮影したという場所へ移動してみましたが
そこもちらほらとしか飛んでおらず、無念ですがホタル撮影は断念いたしました・・・(泣)

という訳で、今回アップする写真は一週間ほど前に撮影したものです。
a0107060_235151100.jpg

【使用機材】Canon EOS KissDN / SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

まだ日没前の夕方6時位から現場に行き、ホタルが飛びそうな場所に向けて三脚を据え、ただひたすら日が暮れるのを待ちますた。。
結果、真っ暗闇の中、川のすぐ脇の岩の上に四時間あまり座って撮影しました。
この写真では凄く大量に飛んでいるように見えますが、実際はこんなに飛んでませんのでご注意を!

・・・この写真

実はフォトショップにて130枚あまりを合成して背景の写真とホタルの光源を重ねてあります。。
いろいろ前回の問題点を解消するために撮影方法を変えてみたのですが、また新たな問題が発生!

どうやらピント位置は画面前面よりも無限遠近くに設定した方がよさそうな気がします。
前面にいるホタルにピントがあって後方のホタルがボケるよりも、前面のホタルがボケて後方のホタルがピントが合っている方がキレイな写真に見えそうです。

しかもこのシグマの30mm f1.4のレンズの欠点である周辺部での点光源のボケがカモメ形に歪んでボケる現象が発生しています。
a0107060_23582718.jpg

【使用機材】Canon EOS 20D / EF 85mm F1.8USM

コチラは85mmで撮影しましたが思ったよりもホタルの数が少なくいまいちものたりません・・・

いやいや。。。やはりホタル撮影は難しいっす!
今年はもうシーズン終わりですかね?
もうしばらく様子を見つつ、来年もチャレンジして見たいと思っております!!
[PR]

by tender-surrender | 2008-06-09 01:03 | 風景


<< 梅雨入りしたはずですが・・・??      2008吉野ヶ里バルーン「卑弥... >>