super'70s

masaki2205.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 07日

Hughes&Kettner TUBEMANⅡ

最近はカメラの話題ばかりで、てんでギターのことついて触れる機会がありませんでしたが
そろそろネタも無くなってきたことですし、平日の更新は手持ち機材の紹介でもしていこうかと思います。

本日紹介するのはHughes&Kettner(ヒュース&ケトナー)というドイツのメーカ製のギタープリアンプ・TUBEMAN(直訳すると管男w)。
フットスイッチ切替えの3ch仕様で、クリーン、クランチ、リードと、多彩な音づくりを実現しています。
a0107060_1329245.jpg

プリアンプとしてパワーアンプやコンボアンプのリターン(パワーアンプイン)に接続して使用します。
よくオーバードライブやディストーションなどのエフェクターと同じように、アンプのインプットの前段にそのまま接続して使用している人がいますが、本機のプリ部とアンプのプリ部を2度通過してしまうことになり、イコライジングやレベルの設定が難しくなるためオススメできません。

また、宅録などのレコーディングの際にはキャビネット・シミュレーターを装備していますので、そのままダイレクトに録音機材に接続して、迫力のあるサウンドをレコーディングすることが可能です。。
a0107060_13293497.jpg

TUBEMANという名前のとおり真空管(12AX7)が一本使用されています。
しかし聞くところによると真空管自体は歪みを作り出す為ではなく、ほかのチューブっぽいニュアンスを作り出すために使用されているとのことだったような?

肝心のサウンドの感想をチャンネルごとに説明しますと・・・

CH1はクリーンチャンネル。
コントロールはVOLUMEひとつのみ。。あとは3チャンネル共通のイコライザーで音作りします。
サウンドは非常に上品。ヘンなクセがないとても素直なサウンド。
ボリューム半分くらいまでは歪みの無い非常にクリーンなサウンドです。真ん中を過ぎた辺りから徐々にアタックの高音部分にジャリッ!
とした非常に気持ちの良い歪みが生じてきます。俗に言うクランチーなサウンド。ピッキングの強弱に対する反応が非常にセンシティブで気持ちがよい。
ギター本体のボリュームの上げ下げよるサウンドの変化も自然なもので普段チューブアンプを使用している人でも違和感無く使用できると思います。

CH2はクランチチャンネル。
コントロールはGAINとVOLUME。
3つのチャンネルのなかでは一番音作りの幅が広いチャンネル。
完全なクリーンからディストーションサウンドまでカバーします。ただ、ハイゲインなリードまでとはいかずやや歪みの上限は抑え目。
サウンドは私が過去に耳にしたことがあるHughes&Kettner のTRIAMP に似たサウンド。
歪みにクセがなく非常に上品です。歪みを最大に設定しても低音の太さが保たれたままです。
歪みの質もチューブっぽいサウンド。トランジスタのように一気にぺランと歪むのではなく、チューブアンプに見られるコンプレッション感のある歪み!やはりギターのボリュームにも素直に反応し、手元での歪みの上げ下げのコントロールもしやすいです。
ただしイコライザーの効き方に若干クセがあり、最初は設定に戸惑うかも?
コントロールできる帯域の設定が独特で、特にTREBLEは若干プレゼンス寄りに設定してあり、もうほんの少し高音を・・・と思ってレベルを上げるとジョリジョリした音になって困ることがあります。

最後にCH3、リードチャンネル。
コントロールはGAINとVOLUMEに加えてVOICING。
こちらは一変して非常にクセの強いサウンドです。
強烈に歪みますwww 
しかし残念なことに、このチャンネルだけ他の2つのチャンネルと比べると、奥に引っ込んだサウンドでいまいちガツンと来ません。。。、
こちらはトランジスタで強引に歪ませた感が強い歪みですので多分これが影響しているんでしょう。
VOICINGのツマミの設定を変えることにより、超ドンシャリの極悪サウンドから、リード向きのミッドの効いたリッチなサウンドまで変化可能です。

私はCH1.2を使用してCH3は殆ど使用していません。
CH2のゲインがもうほんの少し高く設定できれば言うことなかったのですが、これは本機の前にブースターとしてIBANEZのTS-9かBOSSのSD-1と言ったコンパクトのオーバードライブをブースターとして接続することによりカバーしています。

・・・とここまで長々と説明してまいりましたが、今回あるモノの購入資金捻出の為、惜しくも売却予定でございます。

そのあるモノとは・・・近日中に公開予定!!
[PR]

by tender-surrender | 2007-12-07 14:59 | guitar


<< テツちゃん突然変異!!!      M's camera ... >>